デリヘル京都『あそぼうよ♪』(^^)

店長日記|デリヘル京都 あそぼうよ♪

営業時間:24時間営業中 TEL/075-644-7269
メニュー

店長日記

新人さん、続々!!

2019/05/19 17:10

めでたいことに当店で一緒に頑張ってくれる新人が入店しております!

イチオシの女の子ばかりですので、おって紹介させていただきますね♪
お客様に喜んでいただけるよう、意気込んでおります!

ぜひ応援してあげてくださいね!

illust2719

祇園の燕楽

2019/05/16 19:02

祗園八坂通りにある『燕楽』。古い町家をリノベーションした趣あるお店で、京風おでんで知られる店です。
「気軽に舞妓さんと宴会コース」という京風料理のコースと、120分の飲み放題がセットされたプランがあります。
お値段は9000円プラス、舞妓さん・芸妓さんの花代として一人3万円と固定料金です。
花代は人数が増えれば増えるほど、一人あたりの金額が安くなります。
この金額を伝えると「お座敷遊びは富裕層だけの特権」などという固定概念も吹き飛びますよね。

enraku

抹茶パフェ その2

2019/05/12 18:26

【都路里】
京都伊勢丹店
下京区京都伊勢丹6階 JR京都駅直結
お勧めは、パフェ全般!!

お値段は1200円~とそこそこのお値段ですが、
ボリュームも質も上出来。さらにいうとお味が後をひかない。
やはり人気店というだけあると思います。

超人気店のため、平日を狙ってください。
行かれるとしたら、京都伊勢丹店がおすすめ。
祇園店もいいのですが、伊勢丹は眺めがいいお席があるのと
お買い物に疲れたときにいくのにちょうどいいのでw

1c7bb232

とにかくチャーハンをおしてます

2019/05/11 18:23

メニューを見てみると、一見普通の中華料理屋さんとなんら変わらない。
しかし、よーく見ると、すべてのメニューに“チャーハン付き”が添えてあるのです!!

このお店では、
チャーハンにギョーザが付くのではなく、ギョーザにチャーハンが付く。
チャーハンにスープが付くのではなく、スープにチャーハンが付くのだ。

もはやチャーハンを食べずには帰れないもよう(笑)

6669941_2058516248_207large

NA・MA・HU

2019/05/10 18:42

みなさん、生麩食べていますか??

まあ、味噌汁・漬物のように日常的に食卓にあがるものでもないかと思います。
和食を食べにいったときにメニューにあればかなりの確率で注文している私であります。

京都は和の色が強いので、生麩を扱うお店もたくさんありますね。
いつも田楽・醤油焼きでいただいております。

ところが!
最近女性のあいだで、スイーツとして食べられているというではないですか!

きな粉や黒蜜などをかけたり、冷やしてぜんざいやあんみつ、パフェやアイスクリームに添えるなど。

これは要チェックですよ~

日本最古のトイレがある寺

2019/05/06 20:19

日本のお寺では「トイレ」とは言いません。
「東司(とうす・とんす)」。

広い土間の地面にたくさんの穴が開いていてそれぞれ瓶が埋められています。
この一つ一つが便器なんですね。瓶はずらりと向かい合わせに2列に並んでいます。

2006-06-02-04

京都のスポットをご紹介♪

2019/05/05 21:06

もう有名だとは思いますが、京都市内に水族館があるのをご存知でしょうか?

通常の水族館では海水が必要なため海沿いでしか運営できません。

しかしながら、京都水族館は人工海水により都市部の好立地に建設されています。

機会がありましたら是非訪れたいスポットですね。

京都のお菓子は、やっぱし八つ橋

2019/05/02 20:33

京都の定番お菓子として親しまれている生八つ橋のおたべ。
本社工場があるおたべ本館では、生八つ橋の手作り体験や製造工程の見学もできる。
店舗ではここでしか取り扱っていない「しゅうあん」や「ほんどら」といったオリジナル商品もある。

H0000170025

砂糖菓子

2019/04/28 19:51

金平糖は南蛮から伝わったお菓子。
ポルトガル語で「砂糖菓子」の意味の「コンフェイト(confeito) 」が名前の由来です。
京都・左京区の「緑寿庵 清水」は日本でただ一軒の金平糖(こんぺいとう)専門店。
この金平糖、紀宮様の結婚式で引き出物として採用されたんですよね。
京都観光のおみやげとして大人気です!

2006-06-08-01

伏見の御香水

2019/04/22 21:42

御香宮神社
平安の昔、境内から香しい水が湧き出し、この水を飲むと不思議なことに、たちまち病気が治ったといわれています。
名水百選にも選ばれた水です。

10月上旬の9日間におこなわれる神幸祭は「伏見祭」といわれ伏見随一の祭。
獅子一対・神輿3基、武者行列のほか、多数の氏子が出仕しての行列がある。
1日目、8日目夕方から趣向をこらした大小の花傘が氏子各町から「アラウンヨイヨイ…」のかけ声で参加し、夜遅くまでにぎわう。

86c133b2d23be4c8ff4070c04b638c47